FC2ブログ

音とおもちゃと庭仕事 ~Sound Gift Shop 音賜のブログ~

おもちゃに込められた『思想の違い』~HABA社製 組み立てクーゲルバーンシリーズ~


「お決まりの成功なんか約束されてないよ。工夫してごらん。」

日本人の物づくりは、何でもきっちり
 という印象が強いですね。
気持ちいいほど「ピタッ」とはまる。一度固定するとズレにくい。毎回ぶれずに所定の位置まで転がり落ちることを約束されている。驚くほど高度で精緻な加工技術。そうしたものが好まれる傾向がある気がします。
ドイツのおもちゃは?
 フレーベルの「恩物」以来、知育玩具開発で200年以上の歴史をもつドイツの製品をみてみると、「あれっ?」ちょっとした違和感が。日本人の好むモノづくりとは、少し違った思想が流れている気がします。物自体はしっかりしているのですが、そこまで過保護にしないといいますか。
「ずれたら上手く調整してごらん」
「何でずれたかわかれば、次はいい手が見つかるよ!」
「すぐに玉が飛び出してしまうからこそ、たくさんの発見があるんじゃない!」
そんな声が、おもちゃから聞こえてくる気がするのです。
HABA社製の組み立てクーゲルバーンシリーズの醍醐味
 組み立てる要素と、転がす要素をあわせもつHABA社のクーゲルバーンシリーズ。重厚なブナ材の積木ですが、積み木は乗せるだけですから、建造物として堅牢とは言えません。小さなビー玉が勢いよく転がってゆくため、振動で次第にレーンの継ぎ目がズレてゆきます。大規模なクーゲルバーン(玉の道)を組み立てようとすると、微調整の繰り返し
別売のジョイントパーツも、ぴったり固定できるという程でもなく、補強に工夫が要ります。最終的には、あたりの使えそうな日用品を見まわして、ずれないように養生したり。試行錯誤を伴い、大人でも辛抱がいるくらい。
簡易に得られる達成感よりも、原因と結果をねばり強く観察し、考える姿勢、次につなげるプロセスを大切にしているのではないか。そんな風に思えます。
現代の流行り、子ども達の好みとは少し違うかも知れませんが、日常の問題解決科学的思考にもつながる大切な習慣。一おもちゃ屋として、一親として、作り続けて欲しい大切なおもちゃの一つです。
そして、親子で挑戦してほしいおもちゃのひとつです。
上の公式動画でも、たくさんの子どもと大人が、渾身の力作の結果に頭を抱えて叫んでいますね。無くしたくない時間がおさめられていますね。

小さなお子さんなら
いきなり大規模建設ではなく、いろいろな反応がすぐに得られて楽しい、様々なオプションパーツから入るのもおススメです。

以上、当店のこだわりポイントのご紹介でした^^。

 
 

コラム:おもちゃの『役割』を意識してみる

おもちゃと役割

 今日はおもちゃの持つ『役割』について考えてみましょう。ピンとこない?そうかも知れません ;-_ゝ-)"。この話は、今だからこそ考えたい『優れたおもちゃ』とは何か?という話にもつながってゆきます。

    コラム:
  1. おもちゃの『役割』を意識してみる(←本記事)
  2. おもちゃの『遊ばせやすさ』を考える(←近日掲載)
  3. おもちゃの『買いやすさ』を考える(←近日掲載)
  4. 『優れたおもちゃ』とは?(←近日掲載)

時として苦行(笑)

 子どもの遊びに付き合うことが、大人にとって楽しいとは限りません。人によっては苦痛だったり。それでも子どもとの密なコミュニケーションを確保すべく、がんばって付き合うわけです。涙ぐましい努力があったりも…。

ままごとに付き合う場面を想像してみましょう。「召し上がれ!」「いただきます!モグモグ…美味しいー!」という無限ループ。あれこれ指示を受け従うことを要求される、いわゆる苦行(笑)。経験のある方もいらっしゃるでしょう。やることは山積みなのに、昼日中から私は一体何をしているんだろうという気持ちに襲われたり…。ごっこ遊びの必要性はまた別にあるのですが、正直、本当に正直なところ、私は時々つらくなります。

こんな風に使うと?

 そこで例えば、何度か割るのを覚悟で、子どもの小さい手に合うような小ぶりの陶器の食器セットを用意してみたとしましょう。繊細な手のコントロールを養い、注意力を育てるよい機会になり、熟達を見守る楽しみが出てきます。

また、ある程度数のそろった食べ物のおもちゃなどを用意してみたとしましょう。系統別の分類ができるか、人数に応じて分配できるか、適切な料理の素材として利用できるか、テーブルセッティングは出来ているか、上手に人にすすめられるか?手順を意識しているか?などなど、おもちゃを用いることで、観察すべきポイントや、関わる方向性が見えてくることがあります。

そしてこれらのポイントは、全て実生活の能力につながります。ちょっと大げさですが、子どのも得意不得意や発達の進捗を把握する上でも有効です。

見方を変えると

 子どもの楽しみとは別なところで、大人にとっても、『子どもの遊び』と関わるモチベーションを与えてくれる。これが優れたおもちゃの隠し持つ『役割』といいますか、おもちゃを使う『目的』の一つと言ってもよいかも知れません。そう考えると、今選びたい遊び、与えたいおもちゃが自然と見えてきたり^^。
子どもとの関わりを手助けをしてくれるものとして、少し見る角度をかえてみるのも面白そうじゃありませんか?と思う一おもちゃマニアでした。



次のコラムへ続く >> おもちゃの『遊ばせやすさ』を考える(←近日掲載)


 
 
最新記事
カテゴリ
関連リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: