FC2ブログ

赤ちゃん木育ひろば@牛久自然観察の森の様子:2018/10/22 | 音とおもちゃと庭仕事 ~Sound Gift Shop 音賜のブログ~

赤ちゃん木育ひろば@牛久自然観察の森の様子:2018/10/22

観察の森までの道

赤ちゃん木育ひろば@牛久自然観察の森が開催されました。
当店の広報部長が講座中の写真を撮り忘れるという、まさかのアクシデントもありましたが…Σ(゚ロ゚;)、見どころいっぱいの観察の森にもフォーカスしつつ、めげずに参りましょう。

白い道

 ネイチャーセンターに向かう白い道(上写真)では、風にゆれる森がおいでおいでしているようです。赤ちゃん木育ひろばでは車で通過してしまうポイントですが、次回お越しの際はお散歩を楽しんでください^^

植生の遷移を実物で展示

バッタの原

 白い道の両脇には、草刈りの頻度の違いにより、実験的に区分けされた”バッタの原”があります。
素通りしてしまうのは勿体ない。昆虫もさることながら、ここでは草地~林までの里山の植生の遷移を観察できます。様々な生き物が生息する土台となる植生を知ると、ぐーんと世界が広がった感覚になれるかも。バッタを追う前に、まずは詳しいレンジャーさんを捕まえるのもいいですね。


ネイチャーセンター入り口

カメのご挨拶 ネイチャーセンター入り口

 駐車場は少し離れたところにありますが、赤ちゃん木育ひろばでは、このネイチャーセンター入り口まで車で乗り入れられます。
 入り口をくぐるとカメさんが泳いでお出迎え。また大きくなったね。


サワガニがアクアリウムに登場

サワガニ脱皮中

 脱皮中の大変な時にお騒がせしてごめんなさいね。
 子どもの頃山でサワガニとりをしたり、甘辛く料理したカリカリのサワガニが美味しかった記憶のためか、サワガニを見るとどうしてもテンションが上がります。
 こういう場所に何か居るんだよね!という目を養うと、他にも様々な生物に出会えます。何種類見つけられるか観察競争も面白いですね。


レンジャーさんのレクチャー

バッタの原

 木育ひろばの大きな窓からは、フクロウの巣が観察できるとのお話しを伺いました!春先の子育て時期に、親子でフクロウに会いに通いたいですね!双眼鏡の貸出もあります。
そして、ひのきのフローリングの広場内は、国内のメーカーさんや作家さんの玩具でいっぱい。続々とニューフェイスのおもちゃも登場していました!


今回ご紹介のおもちゃ達

今回のおもちゃ達

 当店からは、手押し車やプルトイなどの体を使うおもちゃ手先をたくさん使えるおもちゃ。形や大きさ・構造などへの気づきを導く認知のおもちゃなどを、カテゴリー毎に分けてご紹介しました。

 子育てにたくさんの“物”が必要なわけではありませんが、大切な”お気に入り”が見つかるお手伝いができたらよいなと思っています。

お越しくださったお母様方、本当にありがとうございました。次回の赤ちゃん木育ひろばは来年3月に開催予定です。もっと聞きやすくなるようがんばります^^


《過去の開催情報はこちら》

2018年2月開催の様子 

2017年10月開催の様子

 
 

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
関連リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: