FC2ブログ

積木からみえる世界 | 音とおもちゃと庭仕事 ~Sound Gift Shop 音賜のブログ~

積木からみえる世界

積木の学校
 以前、家庭での積木制作をご紹介しましたが、
今日は積木を通して感じ取れる世界について少しご紹介します。

3歳の積木の塔当然ですが、バータイプの積木は一本ずつ立てると、わずかな衝撃で倒れてしまいます。
柱の間に梁(はり)を渡すことで、一方向からの力に対してかなり安定します。梁を縦横に渡せば、いろいろな方向からの力に対し強さを増し、格段に大きな構造を作れるようになります。
組み方によって強度には大きな差がでるため、小さなお子さんでも容易にその違いを体感できます。力と構造の不思議について、自分の手を使って体感するとても良い機会になりますね。

 もう一つ素敵な点は、ばらつきについての経験です。個々のピースには、長さや反りなどわずかに個性があります。様々な個性のあるピースでも、たくさん組むことにより誤差は緩衝され、大きな構造を作ることが出来ます。
柱と梁の間に隙間があき、「あれ?この柱少し短くて、サボっているな・・・」という事もあります。仮にサボり柱を取り除いても、周囲がサボり柱の分の力を引きうけているため、その時点で全体が崩れることはありません。

3歳の積木の塔2気にせず組み進めてゆくと、自然に建物全体にかかる力のバランスが変化してゆきます。するといつの間にかサボり柱の隙間が消え、すっと力を引き受けてくれていたりするんですね。もしサボり柱を取り除いていたら、建物は倒壊していました。人間同士の集まりでもそのような経験があるかも知れません。

 もっと深く木育に入り込んでゆけば、材の種類や産地はもちろん、例えば斜面で育った木、日陰で育った木、1本の木でも南側の材と北側の材などの強い個性を、どのように活かし恩恵に変えるか?という多様な世界が見えてきます。
一元的に物を見ない。いじめや過激主義にも通じるテーマかも知れませんね。小さい頃からの身の回りの生活を通じて、培えたら素敵ですね。


3才積木の家

<関連記事>
・積木は買わねばならないか?!(vol.1)
・積木は買わねばならないか?!(vol.2:タイプ編)
・積木は買わねばならないか?!(vol.3:材料編)
・積木は買わねばならないか?!(vol.4:サイズ編)
・積木は買わねばならないか?!(vol.5:道具編)
・積木は買わねばならないか?!(vol.6:制作編)  
 

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
関連リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: